軽自動車税(種別割)廃車申告書兼標識返納書

ページID 1009658 更新日 令和3年4月1日

印刷大きな文字で印刷

※令和3年4月1日から、手続きに必要なものが変わりました。

  1. 印鑑が不要になりました。
  2. 届出者(窓口に来課する人)の本人確認書類が必要になりました。

 ※なりすましによる不正な手続きを防止するため、届出者(窓口にお越しになる方)のマイナンバーカードや運転免許証等の本人確認書類を提示いただきますようお願いします。
 なお、本人確認書類をお持ちでない場合は、標識(ナンバープレート)の交付及び返納ができないため、ご注意ください。

 

内容及び注意事項

原動機付自転車、小型特殊自動車の軽自動車税(種別割)納税義務消滅(異動)を申請するものです。(廃車等)
(注)原動機付自転車とは排気量125cc以下のもの。
小型特殊自動車とは農耕用、フォークリフト等のこと。

手続方法等

この申請書あるいは窓口に備え付けの申請書に記入のうえ、窓口にて申請してください。
この申請書は原動機付自転車等1台ごとに作成してください。

納税義務者欄には、軽自動車税(種別割)の納税義務を有する者(所有者又は使用者)を記載してください。

この申請書は原動機付自転車、小型特殊自動車の軽自動車税(種別割)の納税義務が消滅した日から30日以内に標識(ナンバープレート)及び標識交付証明書とともに提出してください。

 

【持参するもの】
ナンバープレート、標識交付証明書(紛失した場合は無しでも可)、届出者(窓口に来課する人)の本人確認書類

※盗難による廃車の場合は盗難届出証明等もあわせて提出してください。

手数料
無料
受付窓口
財政部市民税課窓口
受付時間
午前8時30分から午後5時
(土日祝日、年末年始を除く)
備考
A4横サイズで印刷してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

財政部 市民税課

電話:0568-85-6092
財政部 市民税課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。