ママハッピー度調査

ページID 1006056 更新日 平成31年3月28日

印刷大きな文字で印刷

5つの約束:見せる

 ママハッピー度調査にご協力いただき、ありがとうございました。

「子はかすがい、子育てはかすがい」宣言

調査期間

平成30年7月12日(木曜日)から9月12日(水曜日)まで

対象者

出産予定の方、0歳~概ね中学生の保護者

調査方法

WEBアンケート及びアンケート用紙を市役所庁舎1階に設置したアンケート回収BOXに投函
※アンケート回収BOXの設置は、7月12日から7月31日まで

回答数

設問

回答者数

選択式

(1)春日井市は子育てしやすいまちですか。
(2)今の自分の生活に満足していますか。
(3)春日井市の暮らしやすさは何点ですか。

1019人

自由意見

(4)春日井市の取組に満足しているところは何ですか。

499人

(5)春日井市の取組に満足していないところは何ですか。

604人

 

回答者の構成

年齢

年齢

年齢

性別

性別

性別

子どもの年齢・学年(複数選択可)

子どもの年齢・学年(複数選択可)

子どもの年齢

設問1 春日井市は子育てしやすいまちですか?

子育てしやすい

選択肢

回答者数

割合

100点(子育てしやすい)

76人

7.46%

75点(まぁまぁ子育てしやすい)

451人

44.26%

50点(普通)

353人

34.64%

25点(あまり子育てしやすくない)

113人

11.09%

0点(子育てしにくい)

26人

2.55%

未回答

0人

0.00%

合計

1019人

 

 

設問2 今の自分の生活に満足していますか?

今の自分の生活に満足していますか?

選択肢

回答者数

割合

100点(満足している)

72人

7.07%

75点(まぁまぁ満足している)

530人

52.01%

50点(分からない)

199人

19.53%

25点(あまり満足していない)

186人

18.25%

0点(満足していない)

32人

3.14%

未回答

0人

0.00%

合計

1019人

 

 

設問3 春日井市の暮らしやすさは何点ですか?

春日井市の暮らしやすさは何点ですか?

選択肢

回答者数

割合

100点(暮らしやすい)

121人

11.87%

75点(まぁ暮らしやすい)

487人

47.79%

50点(普通)

286人

28.07%

25点(やや暮らしにくい)

109人

10.70%

0点(暮らしにくい)

15人

1.47%

未回答

1人

0.10%

合計

1019人

 

 

自由意見

設問1. 春日井市の取組に満足しているところは何ですか。
設問2. 春日井市の取組に満足していないところは何ですか。

〈自由意見の整理方法〉
春日井市の取組についての満足、不満足の自由意見を分野ごとに分類しました。ただし、1人の意見が複数の分野にわたる意見は、それぞれの分野ごとに1件ずつとしてカウントしています。
(例)「子どもの遊ぶ施設が多い。街がきれい。自転車や路上駐車が少なくて安心。」
⇒「児童館」、「交通」について満足している件数

保育に関する自由意見

保育(満足)

【満足】
・他の街に比べて保育園に入りやすい。
・保育施設を増やしている。
・一時預かり施設へリフレッシュ目的で預けることができる。

 

保育(不満足)

【不満足】
・希望保育園に入りにくい。
・2人目の育休時に1人目は保育園を退園しなければならない。
・一時預かり、一時保育を利用できる施設をもっともっと増やしてほしい。
・ほとんどの保育園が土曜日は15時までなので18時まで預けられるところを増やしてほしい。

 

 近年の保育需要に対応するため、乳幼児の小規模保育事業所を開始するなど、保育園の増園に努めてまいりました。今後も保育園や小規模保育事業所の新設を支援してまいります。

 

放課後の子どもの居場所に関する自由意見

放課後(満足)

【満足】
・学校内に学童保育などがあるところが多い。
・放課後なかよし教室が利用しやすい。

放課後(不満足)

【不満足】
・学童保育(子どもの家)の定員が不足している。
・夏休みの子どもの家が利用できなかった。
・放課後なかよし教室が、名古屋市のトワイライトのようにもう少し長い時間だといいと思う。なかよし教室にはエアコンがないのは心配になる。
・夏休みの子どもの家の利用開始時間が遅い。
 

 学童保育の今後の需要を把握し、必要に応じて民間児童クラブの参入を促進します。また、学校と連携した居場所の確保に努めます。
 利用希望者が増加する夏休みに対応するため、平成30年度は夏季臨時子どもの家を2か所に増設しました。来年度からは、夏季臨時子どもの家に代わり、市内5か所の小学校で、「サマー・スクールかすがい」を実施します。
 夏休み中の早朝の受け入れについては、必要に応じて地域との連携やボランティアの活用なども含め、方策を検討します。

 

児童館、子育て支援施設に関する自由意見

児童館(満足)

【満足】
・児童館や支援センターが多く、充実していると思う。
・無料の遊び場が多い。子どもと二人きりの時間ばかりにならず助かっている。
・グルッポふじとうは、利用しやすくて助かる。

 

児童館(不満足)

【不満足】
・子どもがもっと遊べる室内の大きな遊び場があるといいと思う。
・児童館が古い。
・車でないと行きづらい施設が多い。


 平成30年4月に「グルッポふじとう」を開所し、現在、子育て支援施設は8か所となりました。様々なイベントを今後も実施し、多くの方がご利用いただけるよう努めてまいります。また、地域の公民館やふれあいセンターには、「子育てサポートキャラバン隊」が出向き、親子が交流する場を提供します。

学校に関する自由意見

学校(満足)

【満足】
・市内すべての小中学校にエアコンが備え付けてある。
・中学生まで給食がある。
 

学校(不満足)

【不満足】
・子どもが通う小学校の熱中症対策がなされていない。
・小中学校の体育館や武道場など教室以外の場所にもエアコンの設置をお願いしたい。
・英語やプログラミングなどこれからの時代に必要とされる教育の強化や算数、数学などの習得度別少人数教育など、教育のソフト面の施策をしてほしい。

 平成28年度に全小中学校の普通教室のエアコンの設置を完了しました。引き続き、快適な学習環境の確保を図るため、校庭の芝生化やトイレの様式化、特別教室のエアコンの設置、体育館の暑さ対策に取り組みます。

支援全般に関する自由意見

支援全般

【満足】
・子育て支援センターで無料の教室やイベントが多数開催されている。
・子ども医療費の助成が中学生まである。
・さんさんルームには何度か行っており、休養と相談ができて助かっている。


 

支援全般

【不満足】
・広報掲載のイベントや講習会などは平日、日中ばかりで参加者が限られる。働いていたら参加できない。
・医療費が高校生まで無料になるとうれしい。


 各種講座やイベントを始め、さんさんルーム、ノックノックホームサポートなど、きめ細やかな子育て支援を実施していきます。

交通に関する自由意見

交通

【満足】
・道路がきれいに整備されている。
 

交通

(不満足】
・バス、公共交通機関が発達していないので、車に乗れないと不便。主要施設へのアクセスが悪い。
・バスの本数が少ないため、車を運転できなくなったときと思うと少し不安を感じる。
・もう少し道路を整備して、子どもが安全に通園・通学できるようにしてほしい。


 交通利便性の向上のため、路線バスやタクシーなどの利用促進に努めながら、交通に対するさまざまなニーズに応えるため、関係機関と検討していきます。

公園に関する自由意見

公園

【満足】
・公園が多い。
・無料のコミュニティプールがある。
 

公園

【不満足】
・子どもと遊べる公園のトイレや手洗い場などの設備が古い。
・古い公園の遊具が古く、あまり遊んでいる子どもが少ない。
・手入れされていない公園が多い。

 市内には、286と多くの都市公園があります。また、20か所の公園内にあるコミュニティプールは、夏休み期間中に多くの子どもたちが利用しています。子どもが安心して遊ぶことができる場所として、適正な公園管理を行っていきます。

その他の自由意見

その他

その他

過去の調査結果

過去の調査結果

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 企画政策課

電話:0568-85-6041
企画政策部 企画政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。