子育て女性就労応援事業

ページID 1006058 更新日 令和1年5月7日

印刷大きな文字で印刷

5つの約束:結びつける

 「就労したいがきっかけがない」「働こうと思うが、子どものことが気になる」「働く意欲はあるが、漠然とした不安がある」など、育児も家庭のこともしっかりとやりたい子育て中の女性の就業体験を支援する事業をNPO法人や市内の協力企業と協働して進めています。
委託先:特定非営利活動法人 あっとわん

電話/ファクス 0568-92-5481

ママインターン(就労体験)

 結婚・出産をきっかけに「働く」ことから離れている女性が、就労体験を通じて子育てしながら働くことを体感する事業です。
 この体験を通じて、「こんな仕事が向いてるんだ」や「このペースなら仕事と家庭の両立ができる」など今の自分にちょうどいいライフスタイルの発見をサポートします。

<令和元年度ママインターン説明会>

 ママインターンのしくみ、実習先、昨年度の様子などについて説明します。
 ママインターンのことが、なんとなく気になるなという方もお気軽にご参加ください。

日時 令和元年6月5日 (水曜日)午前10時00分~11時30分
場所 ささえ愛センター(春日井市春見町3番地)

申し込みはあっとわんホームページから
(ホーム>ママのスイッチ!プロジェクト>ママインターン説明会・交流会はこちら)

 〇令和元年度ママインターン内容

  春日井市内受け入れ先事業所へ週2回程度通い、ママインターンとして働く経験をします。
  製造、接客、事務、保育などの補助的業務を行います。

 実習期間 6月17日~7月12日
      午前9時~午後3時の間で、4時間程度


 

 

ママインターンイメージ図

ママのお仕事見学バスツアー

 市内在住ママが、市内の企業・事業所を訪問して担当者から話を聞き、実際の姿を知ることで「自分の働き方についてもっとイメージしやすく、より考えてもらいやすくする」ことを目的とする事業です。

<令和元年度ママのお仕事見学バスツアー内容>

日時 令和元年5月30日(木曜日)午前9時30分~午後1時15分
集合解散場所 グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)
見学場所 ホンダロジコム株式会社(物流メーカー)、ベティさんの家高蔵寺(介護付き有料老人ホーム)

申し込みはあっとわんホームページから
(ホーム>ママのスイッチ!プロジェクト>ママのためのお仕事見学バスツアー)

平成30年度実施状況

<ママインターン>

  • 受け入れ事業所 株式会社イマヨシ(高森台)
            神戸珈琲倶楽部(中央台)
            中央ライブ株式会社(篠木町)
            株式会社内職市場(下原町)
            ひなご幼稚園(神領町)
            ブランシェ・キッズガーデン(勝川新町)
            ホンダロジコム株式会社(八田町)
            ユニクロ高蔵寺センター店(中央台)
  • 実習期間 平成30年10月15日~12月7日
         午前9時~午後3時の間で4時間程度
  • 参加人数 8名(平均年齢39歳、こども人数平均1.3人、こども年齢平均5歳)

 〇ママインターンの「よかった!」

  ★私の気持ちが変化した、自信がついた!

   仕事をしていない主婦の自分は「家のことをきちんとやっていないといけない」とモヤモヤして
   いました。交流会やあっとわんスタッフとの面談で、私は無理しなくてもいいと思えて、気持ち
   がラクになりました。                      (30代/小6、小4、年少)

   家事と仕事の両立を試せたことが大きかったです。今まで接客の仕事は経験がなかったけれど、
   やってみたら大丈夫という自信もつきました。                 (40代/年長)

  ★子どもの変化、子どもとの関わりに役だった!

   インターン中に子どもを預けることが、かわいそう、なじめるのかという心配がありました。
   実際に預けてみたら、幼稚園の延長保育にも放課後なかよし教室にも慣れて、自分から行きたい
   と言い出したのでびっくりしました。               (40代/小3、小1、年少)

   働きにでたら、留守番など子どものことが心配でした。でも、距離を置くことでかえって成長が
   見られて、「ウチの子できた、できる子だったんだ」と気付けました。       (40代/小1)

   インターンを「私の勉強の時間」と捉えていました。普段、子どもとずっと一緒にいると怒れて
   きてしまう私は視野が狭くなっていたのかも。離れたことで、より子どもとの時間を大事にしよ
   うと思えました。                            (30代/年少、2歳)

  ★今の私にとっての「働く」が分かった!
   
   ブランクで一歩を踏み出せずにいたけれど、やってみたら楽しめました。働くことは、自分にも
   家族にもプラスになると分かりました。                       (40代/小1)

   今働くとしたら、どのぐらいがベストか、時間数が分かりました。今後は少しずつ増やしていっ
   て、下の子が4年生ぐらいでフルタイムになりたいという目標ができました。(30代/小1、年少)

   夫は私に働いてほしいはずとおもっていました。でも、ママインターンをきっかけに話してみた
   ところ、「時期はまだ今じゃなくてもいいんじゃない?」と言われて自分の思い込みに気付き、
   これからの働き方について夫婦で話し合えました。         (40代/小3、小1、年少)

 〇受け入れ事業所の「よかった!」

  • 3か月間という実習を通して、ママインターンの高い適応力や事務処理力に安定感を感じた。世の
    中で言われる「育児中の女性の潜在力」とはこういうことだったのかと実感した。
  • 社会貢献的な意識で受け入れた。ママインターンは、実習中に実際働いているパートの様子に触れ
    られるので、再就職に慎重な方にとっては、役立つ経験になったのではと思う。
  • ママインターンに接する中で、仕事への適正や人となりを把握する機会になった。また、ウチの会
    社での30~40代の女性の働き方をよりイメージできた。

<お仕事見学バスツアー>

  • 見学事業所 株式会社イマヨシ(高森台)
          株式会社内職市場(下原町)
  • 日時 平成30年12月5日 午前9時50分~午後1時
  • 集合解散場所 グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)
  • 参加人数 15名

 〇バスツアーの「よかった!」

  • なかなか見ることのできない機会だったので、ありがたかった。
  • 働くことを考えたとき、ヒントになった。

 

平成29年度実施状況

平成28年度実施状況

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 企画政策課

電話:0568-85-6041
企画政策部 企画政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。