新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(7月30日)

ページID 1021710 更新日 令和2年7月30日

印刷大きな文字で印刷

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症については、7月に入り、東京都を中心に感染者が増加しており、愛知県でも、7月中旬から連日過去最多を更新する深刻な状況が続いています。こうした中、本市においても、29日には一日に確認された感染者が初めて二桁を数え、急激に感染者が増加しており、極めて強い危機感を覚えています。
 こうした事態を受け、本日、春日井市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、市内における感染者の状況や医療体制、学校や公共施設の状況を再度確認しました。感染防止のためには、原点に立ち返り、改めて我々一人ひとりが、感染を防ぐための基本的な対応を徹底することへの必要性を確認いたしました。
 体調がすぐれない場合は、決して出歩かない。感染リスクが高まる「3密」は避ける。手指の消毒やマスクの着用。定期的な換気の実施、また、感染が拡大している地域への移動を極力控えるなど、もう一度、ご自身の行動を見直す必要があります。また、飲食店や商業施設では、従業員の皆様にマスクの着用を徹底していただくとともに、テーブルなどの消毒や店舗内の換気に最大限の配慮をお願いいたします。
 感染の防止は、我々一人ひとりの基本的な行動にかかっています。市民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

令和2年7月30日 春日井市長 伊藤 太

春日井市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の写真
春日井市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の様子

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民安全課

電話:0568-85-6072
総務部 市民安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。