『移動スーパーマーケット道風くん』(平成27年5月1日)

ページID 1005719 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷


 買い物をすることは誰もが楽しいものです。今ではインターネットを使えば、どんなものでも買うことができます。便利な世の中になりました。しかし、そこには会話はなく品物に触れることはありません。また、インターネットを使えない方も多いと思います。
 テレビ番組で、過疎となった山村の家に魚や日用品をトラックに積んで売りに行くお店を取り上げていました。子どものころ、自転車の荷台に、大きな籠を載せて各家庭を回り、いろいろな話をしながら雑貨品を売っていた人を思い出しました。子ども心に待ち遠しかったものです。
 春日井市の人口は31万人を超え、今もわずかですが増えており、ショッピングセンターが新たにできた地域もあります。一方で、昭和40年代にできた団地や一部の地域では、お店の撤退などで買い物に不便なところも出てきました。
 買い物の支援をしたい、それだけでなく家から外に出てほしい、隣近所の人と話をしてほしい、このような思いを抱き、市役所、観光コンベンション協会、商工会議所、商店街連合会が一体となって、町内会の役員さんの声を聞きながら市場調査を行い、会議に会議を重ねて移動スーパーマーケット道風くんがスタートしました。販売されている現場に行きましたが、そこには、買われた品物を持った人たちの笑い声と温かい空気がありました。
 買い物支援が、多くの幸せにつながることを期待しています。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 秘書課

電話:0568-85-6016
企画政策部 秘書課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。