『東京オリンピック・パラリンピック』(平成25年10月1日)

ページID 1005736 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷


 2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることが決定しました。9月8日の早朝、IOC総会が行われているブエノスアイレスからの中継に見入っていました。ロゲ会長のトーキョーの声とともに「TOKYO2020」と書かれたカードを見たとき、何とも言えない大きな喜びが込み上げてきました。
 1964年(昭和39年)の東京オリンピックを思い出します。当時、私は中学3年生でした。体育館にテレビが置かれ観戦したこと。ちょうど修学旅行と重なり、国立競技場の外から真っ赤な聖火を見たこと。東京タワーで選手にサインをもらったこと。そして、家族全員で応援した「東洋の魔女」日本女子バレーボールチームの決勝。マラソンの円谷選手、重量挙げや体操など日本選手の活躍。世界のアスリートたちの速さや強さ。全てが印象に残っています。
 オリンピックを契機に高度成長につながった1960年代とは時代環境が違っています。しかし、「おもてなし」に象徴される日本の心を生かして、7年後に世界中の国から、たくさんの人々を日本にお迎えするという大きな目標ができたと思います。何か閉塞感が漂う今日ですが、スポーツの持つ一体感と素晴らしさにより、成功に向かって日本全体が盛り上がることを期待します。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 秘書課

電話:0568-85-6016
企画政策部 秘書課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。