『スポーツであつい夏』(平成19年8月1日)

ページID 1005808 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

 先日、小さな公園で 朝早くお父さんが小学校高学年ぐらいのお子さんにソフトボールを教えていました。お父さんのノックに必死でボールを追いかける光景は大変ほほ笑ましく親子で一緒になってスポーツに打ち込むことの素晴らしさを垣間見た夏のひとこまでありました。
 今、まさに夏休み真最中です。各地域ではさまざまな子どもたちのスポーツの大会が行われています。 子ども会が中心となっての球技大会から中学・高校生の各種のスポーツ競技など、これまでの練習の成果を思いっ切り発揮しようと、子どもたちは頑張っていると思います。
 公園でお父さんと一緒にソフトボールの練習をしていた子もきっと試合が控えていて、レギュラーの座をつかみとろうとさらに、試合に勝ちたいと一生懸命なのだと、勝手に想像を膨らませてしまいました。
 そして、大人のスポーツの世界では、今月24日から第78回都市対抗野球大会が始まります。この大会に東海地区の第一代表として、また、市の代表として地元王子製紙野球部が出場いたします。3年前の同大会で全国制覇を果たしたことは、皆さんの記憶に新しいことと思います。
 ぜひ、今回も優勝して春日井市の名前を全国に知らしめていただきたいと思います。これから、ますます熱い暑い夏になりそうです。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 秘書課

電話:0568-85-6016
企画政策部 秘書課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。