『ねんりんピックに出場される皆さん』(平成29年10月1日)

ページID 1005690 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

 ねんりんピックに愛知県代表として出場される方が訪問してくださいました。卓球、ソフトテニス、マラソン、剣道、水泳、ラグビー、サッカー、太極拳、将棋の9種目13名の皆さんです。毎年のように代表として出場される方、優勝を経験された方もお見えでしたが、将棋の種目で訪問していただいたのは初めてでした。

 改めてねんりんピックについて調べてみると、「正式名称は全国健康福祉祭で、60歳以上を中心とするスポーツと文化の祭典」と記されており、スポーツ交流大会、ふれあいスポーツ交流大会、文化交流大会の分野があり、将棋は囲碁、俳句、健康マージャンとともに文化交流大会の種目になっていました。
 日頃の練習や出場に対する思いをお聞きしましたが、多くの皆さんが「競技を続けることが生きがいであり、その結果として全国大会に出場できることは大きな喜びである。体調に注意しながら優勝を目指す。」とお話されました。
 立ち姿やお話される表情から美しさがにじみ出ていました。
 「心技体」という言葉があります。年齢を重ねれば体力は低下しますが、長年の経験と蓄積された技術のさらなる向上を目指し、気持ちを高め心を練って努力されている皆さんから、短い時間でしたが教えていただくことばかりのひとときでした。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 秘書課

電話:0568-85-6016
企画政策部 秘書課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。