『小学生とのわくわくトーク』(令和3年9月)

ページID 1026236 更新日 令和3年8月27日

印刷大きな文字で印刷

 夏休みに入り、各小学校37名の6年生と「市長を囲んでわくわくトーク」を行いました。今年は、「わたしたちのまち春日井」のために「わたし」ができることをテーマに、道風記念館が40周年であることから、はがきに書で思いを書き、その思いについて発表をして、市長と話をする内容でした。
 「挨拶・笑顔・思いやり・尊重・心・和・自然・協力・清・継続・交流・個性を生かす・神楽・スポーツ・温故知新・躍進・大樹」などの言葉をはがきに書いてくれました。そして「わたし」のできることは、「自然や住んでいるところを大切にする」「思いやりや人とのつながりを大切にする」「できることをコツコツと行い、交流の輪を広げる」「目標を持つ」「まちの歴史を知る」など素晴らしい発表をしてくれました。
 私は「主張・尊重」と書き、自分の考えをしっかり伝えるとともに、相手の気持ちや考えも大切にしましょうと話しました。地球温暖化による異常気象、コロナウイルスの感染拡大など重苦しい雰囲気が漂う今日において、基本的な生活、やるべき行動をしっかり捉えてくれている6年生を嬉しく思うとともにたくましく感じた一日でした。
 終了後全員に「春日井キッズ広報大使」の任命書と名刺をお渡ししました。久しぶりに会うおじいさんやおばあさん、いとこやお友だちなどに配っていただき、春日井のことを、また未来に対する思いを話し合ってくれることを期待しています。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課

電話:0568-85-6036
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。