5月11日(月曜日) ラグビートップリーガー長江有祐選手によるマスクの寄付

ページID 1020585 更新日 令和2年5月12日

印刷大きな文字で印刷

(文化フォーラム春日井1階北側広場)

ラグビートップリーガー長江有祐選手によるマスクの寄付

 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、子どもたちの未来のため懸命に働く保育士に、ラグビー元日本代表の現役トップリーガー長江有祐選手よりマスク5,000枚を寄贈していただきました。また当日は、ラグビーワールドカップ日本代表として活躍した姫野和樹選手と現役トップリーガー彦坂匡克選手も応援に駆け付けてくれました。

「子どもたちを守りたいという思いでマスクを寄付していただき、大変うれしく思います。いただいたマスクは市内で働く公立保育園29園の保育士に配布させていただきます。今後のさらなるご活躍を期待しております。」

 

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課

電話:0568-85-6036
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。