正徹懐紙

ページID 1010028 更新日 平成29年12月25日

印刷大きな文字で印刷

正徹懐紙

正徹懐紙

しょうてつかいし

室町時代 29.6×48.5センチメートル

正徹(1381~1459)は室町時代の僧侶で、東福寺の書記をつとめたので徹書記とも呼ばれる。歌人としても優れ、藤原定家(ていか1162~1241)を最も尊敬し、定家にかえることを主張した。歌集『草根集』、歌論書『正徹物語』などの著書がある。和様の優れた書を書き、その書流は正徹流と称される。懐紙とは、貴族が懐に入れている紙のことで、手紙を書いたり、和歌を書いて贈るなどいろいろな用途に使われた。この懐紙は正徹が自作の和歌を書いたものである。

  詠三首和謌
        釈正徹
  水鶏
遠こちのむらのかやりび
うちけぶりくひなゝく也
もりの木がくれ
  瞿麦露
いまこそあれ秋の千種の
花さかばうつりやはてむ
なでしこの露
  河藻
人ごゝろさまはや川の
瀬に生る玉もがりうめの
世にやなびかむ

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 道風記念館

電話:0568-82-6110
文化スポーツ部 道風記念館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。