日下部鳴鶴

ページID 1010042 更新日 平成29年12月25日

印刷大きな文字で印刷

日下部鳴鶴作品

天保9年(1838年)~大正11年(1922年)
近江の人。名は東作。字は子暘。内閣大書記官になったが退き、書に一生を捧げた近代随一の大家。 貫名菘翁(ぬきな すうおう)に師事。 楊守敬(ようしゅけい)、呉昌碩(ごしょうせき)らの影響を受け、格調高い書風を確立した。


出門先一咲 山色映征衣
身影如孤鶴 何天不可飛

門を出でて先ず一咲(笑)すれば 山色征衣に映ず 身影孤鶴の如し 何ぞ天に飛ぶ可(べ)かざらん

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 道風記念館

電話:0568-82-6110
文化スポーツ部 道風記念館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。