柳田泰麓

ページID 1010046 更新日 平成29年12月25日

印刷大きな文字で印刷

柳田泰麓作品

文久2年(1862年)~昭和7年(1932年)
江戸の人。名は信興。父、柳田正斎に書と漢学を学び、若く書家として名が著われた。日本書道作振会、戊辰(ぼしん)書道会、泰東書道院審査員を務めた。


日升月恒天運兆 長生之慶椿栄萱茂 地霊鍾不老之祥

日は昇り月は恒たり天運の兆 長生の慶椿(けいちん)栄え萱(かや)茂る 地霊は鍾(あつ)む不老の祥

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 道風記念館

電話:0568-82-6110
文化スポーツ部 道風記念館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。