平和都市宣言

ページID 1006067 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

 市では、平成23年8月に世界の恒久平和の実現に寄与することを目的とした「平和首長会議」に加盟し、毎年、原爆ポスター展や平和展、平和祈念式典等を開催するなど、平和事業の推進に取り組んでいます。
 こうした中、今もなお、世界各地では核兵器の保有や様々な紛争、テロ行為など平和を脅かす問題が起きています。
 平和な社会の実現には、まず市民一人ひとりが、平和維持の重要性についての意識を持たなければなりません。市では、戦後70年の節目の年に、平和の誓いを新たにし、核兵器や戦争のない社会を願って、平和都市宣言を行いました。 

   平和都市宣言

 世界の恒久平和は、人類共通の願いです。
 この願いに反し、核兵器の保有は、人類の生存に深刻な脅威を与えています。
 わが国は、世界唯一の核被爆国として、その被害の恐ろしさ、被害者の苦しみを世界に向けて訴え、核兵器の完全廃絶に積極的な役割を果たさなければなりません。
 戦後70年に当たり、春日井市は、国是である非核三原則が堅持されることを訴えるとともに、恒久平和と戦争のない社会の実現を願い、ここに「平和都市」を宣言します。

平成27年9月29日 春日井市

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課

電話:0568-85-6067
総務部 総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。