エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド文化・スポーツ市内の主な指定文化財 › 絹本著色聖宝像 田楽町・林昌院

ここから本文です。

絹本著色聖宝像 田楽町・林昌院

更新日 平成19年9月4日ID番号 K5173

絹本著色聖宝像

(重要文化財 絵画 平4.6.22指定)

 高野山の常喜院に属し、阿遮羅山大定寺と号する林昌院の所蔵するこの絵画は、醍醐寺を開いた名僧、聖宝(諡号を理源大師という)の肖像画です。像は大師が牀(しょう)の上に座り、五鈷杵をもって説法をしているところを正面から描いたもので、描線や彩色がすぐれています。

 軸裏に「応永廿五戊戌卯月云々」(1418年)とか「開山尊師御影教阿筆醍醐山釈迦院什物」と書いてあるので応永25年に模写されたことがわかります。

お問い合わせ先

教育委員会 文化財課
電話:0568-33-1113
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。