エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド文化・スポーツ市内の主な指定文化財 › 小木田の棒の手 小木田町源氏天流関田棒の手保存会

ここから本文です。

小木田の棒の手 小木田町源氏天流関田棒の手保存会

更新日 平成21年1月5日ID番号 K5176

小木田の棒の手

(県指定文化財 無形民俗文化財
 昭31.6.21指定)

棒の手は、武芸の一種で棒を持って行うものです。源氏天流とは、清和天皇の子孫である源義家(みなもとのよしいえ)を流祖とするもので、戦国時代の実戦的な古武道の型をそのまま伝えており、とても豪快な点が特徴です。明治時代になって現在の名古屋市守山区から春日井市の旧関田村(現在の小木田町)に伝わりました。地元の「小木田町源氏天流関田棒の手保存会」では、保存伝承活動を行っており、現在も毎年秋に小木田神社へ棒の手の奉納を行っています。

お問い合わせ先

教育委員会 文化財課
電話:0568-33-1113
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。