エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド文化・スポーツ市内の主な指定文化財 › 篠木合宿絵馬 白山町・円福寺

ここから本文です。

篠木合宿絵馬 白山町・円福寺

更新日 平成19年9月4日ID番号 K5171

篠木合宿絵馬

(市指定文化財 絵画 昭33.5.30指定)

 篠木荘33か村から熱田神宮(永禄〈1558年~69年〉のころから竜泉寺)に奉納された馬之塔の祭礼風俗を描いたもので、この篠木合宿は下街道にまつわる日本武尊の伝説で、副将軍建稲種命の水死で傷心された尊をお慰めしようと村民が馬之塔を仕立てて送りした故事に由来しています。

 この絵馬は、村々の大行事である祭礼が無事に終わったことの御礼に奉納されました。この種の絵馬には珍しく胡粉(貝殻を焼いた粉末の白色顔料)を用いて描かれています。

お問い合わせ先

教育委員会 文化財課
電話:0568-33-1113
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。