エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド文化・スポーツ市内の主な指定文化財 › 梵鐘 林島町・林昌寺

ここから本文です。

梵鐘 林島町・林昌寺

更新日 平成19年9月4日ID番号 K5168

梵鐘

(県指定文化財 工芸 昭30.6.6指定)

  鐘をつるす龍頭に特徴があり、堂々とした風格を備え、歴史的にも美術的にも価値の高いものです。延徳元年(1489年)の銘があり、もとは熱田宮神宮寺にありました。それを天正年間に織田信雄(のぶかつ)が父信長の大法会を営んだときに権力にものをいわせて没収し、清洲の総見寺に移し、後に、民間の手を経て林昌寺に落ち着いたといういわく付きの名鐘です。

お問い合わせ先

教育委員会 文化財課
電話:0568-33-1113
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。