書のまち春日井の取り組み

ページID 1005011 更新日 平成31年4月19日

印刷大きな文字で印刷

書のまち春日井の紹介

「書のまち春日井」パンフレット

「書のまち春日井」パンフレット表紙

「書のまち春日井」の由来、小野道風のひととなり、「書のまち春日井」の取り組み、道風記念館について紹介したパンフレットを作成しました。
(A4サイズ、8ページ、フルカラー印刷)

 パンフレットは、道風記念館、市役所2階の情報コーナーや東部市民センター、各公民館・ふれあいセンター、文化フォーラム春日井・2階文化情報プラザなどで無料で配布しています。
 また、このページからデータをダウンロードすることもできます。
 

 

書に関する施設

春日井市道風記念館

春日井市道風記念館

三跡の一人、小野道風の偉業をたたえ、末永く後世に伝えるため、道風生誕の地と伝えられる松河戸町に開設したものです。全国でも数少ない書専門美術館です。
道風並びに平安時代を中心とした書に関する研究施設として、また、近・現代の書作品を展示する施設として、書道文化の一層の向上を図ります。

所在地
愛知県春日井市松河戸町946番地2
開館時間
午前9時から午後4時30分
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始(12月29日から1月3日)
展示替えのため臨時休館する場合があります。

書の関連事業

野崎幽谷屏風作品展

このたび、寄贈いただいた春日井市出身の故野崎幽谷氏の書作品3点について、多くの方にご鑑賞いただくため、「野崎幽谷屏風作品展を開催します。

道風展

道風展

道風展は、小野道風の偉業を讃え昭和24年より始まった伝統ある全国公募の書道展です。
一般部、学生部ともに全国からあわせて約8千点の作品が寄せられ、書道愛好家の鍛練の場、書道教育の振興の場として書道という日本の伝統文化の裾野を広げる役割を果たすだけでなく、明日の書壇を担う逸材を輩出する登竜門の役割も果たしています。

開催時期
春日井会場:10月下旬から11月上旬
名古屋会場:11月上旬から中旬
お問い合わせ
公益財団法人かすがい市民文化財団(0568-85-6868)

道風の書臨書作品展

道風の書臨書作品展

道風の書臨書作品展は、小野道風の書を多くの人に学んでいただくために道風記念館が開館以来おこなっている全国公募の書道展です。課題となった道風筆・伝道風筆の書の原寸大臨書作品を募集し、一般部優秀に選ばれた作品は道風記念館で永年保存します。
作品審査は道風記念館顧問である古筆研究家により、出品者の名前のわからない状態で、厳正におこなわれます。

開催時期
募集締め切り:11月上旬
展示:1月中旬~2月上旬
お問い合わせ
春日井市道風記念館(0568-82-6110)

県下児童・生徒席上揮毫大会

県下児童・生徒席上揮毫大会

県下児童・生徒席上揮毫大会は、小野道風公遺徳顕彰会が主催して昭和11年から継続して開催している書道大会です。
愛知県内の小中学校から各学年2名の選手が参加し、課題の字句を手本なしで、その場で書きます。
第1回からの優秀作品は春日井市立小野小学校で大切に保存され、書道教育史の変遷を知るうえでも貴重な資料になっています。

開催時期
大会:10月下旬頃(春日井市立小野小学校)
展示:12月下旬から1月上旬(春日井市道風記念館)
お問い合わせ
春日井市立小野小学校(0568-81-2247)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 文化・生涯学習課

電話:0568-85-6079
文化スポーツ部 文化・生涯学習課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。