放課後児童クラブ

ページID 1002346 更新日 令和3年1月12日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症に対する放課後児童クラブの対応について

 放課後児童クラブでは、マスクの着用、利用前の検温、手洗い、消毒、換気等を行い、感染防止対策を徹底しながら保育を実施しています。
 保護者様におかれましても、引き続きお子様の体調管理等にご協力いただきますようお願いいたします。

放課後児童クラブとは

 保護者が就労などにより昼間家庭にいないお子さんに対して、放課後に適切な遊びや生活の場を提供するところです。春日井市には公設と民間の2種類の放課後児童クラブがあります。

公設の放課後児童クラブ

子どもの家(公設)

 市が設置し、管理運営を指定管理者が行っています。
 小学校の校舎内や敷地内等に33か所設置しています。
 利用手続きの方法や利用料金、利用時間などは一律の基準となっています。

子育て子育ち総合支援館放課後児童クラブ(公設)

 市が管理運営を行っているクラブです。
 勝川駅南口ビル2階の子育て子育ち総合支援館(かすがいげんきっ子センター)内にあります。

民間の放課後児童クラブ

 民間事業者が運営している放課後児童クラブで、市内14か所に設置されています。NPO法人や父母会等が、所有する建物や賃貸物件に設置し、それぞれで管理運営を行っており、運営費の一部を市が補助しています。
 クラブによって利用料金や利用時間が異なり、習い事が併設されていたり、利用児童の小学校へ車でのお迎えがあるなど、独自のサービスを提供しているクラブがあります。詳しくは各クラブにお問い合わせください。
 なお、民間児童クラブの利用料が公設の児童クラブより高い場合、市から利用者に、最大で月額6,000円の補助を行っています。

その他

このページに関するお問い合わせ

青少年子ども部 子ども政策課

電話:0568-85-6206
青少年子ども部 子ども政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。