低体重児の届出と未熟児訪問

ページID 1002382 更新日 令和3年8月28日

印刷大きな文字で印刷

低出生体重児の届出(出生体重2,500グラム未満の赤ちゃんの届出)は受け付けています。
新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発令されておりますが、感染防止対策を徹底した上で、未熟児訪問を実施しています。

 出生体重2,500グラム未満の赤ちゃんが生まれたときは、低体重児の届出をお願いします。

 妊娠週数37週未満または2500g未満の赤ちゃんを対象に未熟児訪問を行っています。助産師、保健師が家庭訪問し、赤ちゃんの様子をみながらご相談に応じます。身体計測や母乳相談もできます。

対象   妊娠週数37週未満または、出生体重2,500グラム未満のお子さんとその保護者

 

(注1)出生体重が2,500グラム未満の赤ちゃんが生まれたときは、母子保健法第18条の規定により、届出が義務付けられています。

(注2)訪問は春日井市内に限ります。春日井市外で訪問を希望される方は、滞在先の市区町村へお問い合わせください。

(注3)届出後、2週間程度で日程調整の連絡をします。届出の際には昼間連絡のとれる電話番号を必ずご記入ください。連絡は携帯電話を用いて行います。

このページに関するお問い合わせ

青少年子ども部 子ども政策課

電話:0568-85-6170
青少年子ども部 子ども政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。