風しんの抗体検査・予防接種が無料で受けられます!! (対象は昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性)

ページID 1016447 更新日 令和4年6月9日

印刷大きな文字で印刷

 実施期間が延長されました!
 (令和7年3月31日まで)

風しんの大きなリスク

風しんは、感染者の飛沫(だ液のしぶき)などによってうつる、感染力の強い感染症です。

大人が感染すると小児より発熱・発疹が長引いて、関節痛がひどくなるとされ、1週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。また、脳炎・血小板減少性紫斑病などの合併症を併発し、入院が必要となることもあります。更に、妊婦さんに感染させてしまうと、目や耳、心臓に障害がある赤ちゃんが生まれる可能性があります。

風しんの定期予防接種を受ける機会が無く、他の世代に比べて抗体保有率が低いとされる該当年齢の男性に、抗体検査と予防接種(抗体検査で抗体価が不十分と判断された人)を無料で実施します。(実施期間が延長されました。)

あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために、ぜひ風しん抗体検査を受け、抗体価が低かった場合は予防接種を受けましょう。

対象者

抗体検査 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性
予防接種 抗体検査の結果、風しんに対する抗体価が不十分と判断された、

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性

 

抗体検査・予防接種の受け方

(1)お手元に市から届いた風しんクーポン券があるか確認する

 対象者には、有効期限を延長したクーポン券を6月初旬に発送いたしました。

 お手元に期限が切れているクーポン券がある場合は、破棄してください。クーポン券が届いていない方は、電話もしくは下記リンク「風しんクーポン券申し込み・お問い合わせフォーム」よりお申し込みください。

(2) 実施機関に予約を取る

 クーポン券は、厚生労働省ホームページに掲載されている全国の協力実施医療機関で使用できます。(全国の医療機関一覧は、ページ下部の「風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)」参照)

(3) 抗体検査を受ける

     【持ち物】

   1. クーポン券

   2. 運転免許証など本人の住所・氏名等が確認できるもの

(4)抗体検査の結果、抗体価が不十分の場合、実施医療機関に予約を取り、予防接種のクーポン券を使用して接種を受ける

   【持ち物】

   1. クーポン券

   2. 検査の結果抗体価が不十分であることがわかる書類(風しんの抗体検査受診票等)

     3. 本人の住所・氏名等が確認できるもの(運転免許証等)

抗体検査は、職場の定期健康診断や特定健診と同時に受けられます!!

 クーポン券を使用して、職場の定期健康診断や特定健診の際一緒に抗体検査を受けられる場合がありますので、積極的に活用しましょう。

※ ぜひ、お勤め先の健康診断を担当する部署等へ事前に実施の有無をご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6168
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。