春日井市洪水ハザードマップ

春日井市では、「想定し得る最大規模の降雨」に対応するため、春日井市洪水ハザードマップを改訂しました。

近年、全国各地でこれまでに経験したことのない大雨による水害が頻発しています。洪水ハザードマップは、大雨による水害から身を守るための情報をまとめました。お住まいの地域の浸水する深さを知り、もしもの時の備えとしてご活用ください。

降雨規模と年超過確率

前提となる降雨

想定し得る最大規模の降雨(L2)

  • 庄内川:24時間総雨量578ミリメートル
  • 大山川:24時間総雨量815ミリメートル
  • その他:24時間総雨量836ミリメートル
年超過確率
毎年、1年間にその規模を超える洪水が発生する確率が1/1,000以上

洪水ハザードマップ

地図面

地域の浸水する深さを示した地図を載せています。お住まいの地域のハザードマップを確認し、どこに避難するか、また、避難経路や避難に何分ぐらいかかるかなど、ご家庭で日ごろから話し合いましょう。

情報面

避難の方法や種類、情報収集方法などを記載しております。もしもの時に速やかに行動できるよう、事前に確認しておきましょう。

配布場所

市役所
  • 情報コーナー(2階)
  • 市民安全課(4階)
  • 河川排水課(7階)
出先機関
  • 坂下出張所
  • 東部市民センター
  • 各ふれあいセンター
  • 各公民館

関連情報