納税 よくある質問

ページID 1000912 更新日 令和3年8月18日

印刷大きな文字で印刷

質問延滞金はどのように計算されるのですか?

回答

 地方税法第326条、春日井市市税条例第21条などの規定により延滞金は加算されます。延滞金の割合は毎年変更されるもので、令和3年1月1日から令和3年12月31日までの間については、納期限の翌日から1か月を経過する日までは年2.5%、納期限の翌日から1か月を超えると年8.8%となります。令和2年以前の割合については収納課までお問い合わせください。

【延滞金の計算方法】(令和3年1月以降に発生するもの)

<納期限の翌日から1か月を経過する日までに納付した場合>
延滞金=税額×0.025×A÷365
 A:納期限の翌日から納付した日までの日数

<納期限の翌日から1か月を経過する日の翌日以降に納付した場合>
延滞金=(税額×0.025×B÷365)+(税額×0.088×C÷365)
 B:納期限の翌日から1か月を経過する日までの日数
 C:納期限の翌日から1か月を経過する日の翌日から、納付した日までの日数

※各期別の税額が2,000円未満の場合は、延滞金はかかりません。
※税額に1,000円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てて計算します。
※計算された延滞金が1,000円未満である場合は、その金額を切り捨て、延滞金はかかりません。
※計算された延滞金が1,000円以上の場合で、100円未満の端数があるときは、その端数金額は切り捨てます。

このページに関するお問い合わせ

財政部 収納課

電話:0568-85-6117
財政部 収納課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。