食用サボテンの新グルメ開発

ページID 1029963 更新日 令和4年10月14日

印刷大きな文字で印刷

 野菜と果物、両方の栄養素を持ち合わせた万能食材である食用サボテン。そんな食用サボテンを活用し、まちの名物として多くの市内飲食店で展開を目指す「新グルメ」を開発中!

食用サボテンの新グルメ開発

グルメ開発意見交換会

 市の特産品である「サボテン」を活用し、まちへの愛着の醸成や地域産業の活性化を図るため、様々な取り組みを進めています。その一環として、サボテンがまちのシンボルとなることを目指し、より一層親しみを持っていただこうと、食用サボテンを使った新グルメの開発を進めています。

 市、観光コンベンション協会、生産者や飲食店、市民活動団体の代表者の意見交換や試作を通して作りあげていきます。

”食”と”サボテン”に関するアンケートを実施しました

アンケート結果

 新グルメの開発を進めるにあたり、食への意識や食用サボテンに対するイメージなどを把握するため、”食”と”サボテン”に関するアンケートを8月に実施しました。市内を中心にたくさんの方にご協力いただき、誠にありがとうございました。アンケートの結果を公開します。

サボテン料理の試食会を実施しました(9月30日)

 サボテン料理を提供しているお店に市内の飲食店が集まり、今まで取り組んできたサボテン料理の試食会を行いました。体によく、特徴的な酸味や粘り気を持つサボテン。参加者はサボテン料理を食べながら、サボテンの調理方法や特徴など、意見交換をすることで、新グルメのイメージをふくらませました。今後は試作品の試食会を重ね、新グルメのテーマを決めていきます。


試食会の様子

試食会の様子

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

産業部 経済振興課

電話:0568-85-6244
産業部 経済振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。