老朽空き家解体費補助金

ページID 1003672 更新日 令和1年6月3日

印刷大きな文字で印刷

老朽空き家解体費補助金

制度の概要

補助の対象となる空き家

 次の条件をすべて満たす空き家

  • 市内にある1年以上使用されていないもの
  • 建築後22年以上経過した木造住宅
  • 個人が所有するもの
  • 所有者以外の権利者がいないもの(所有者以外の権利者からの同意があるもの)
  • 市から空家特措法に基づく措置命令を受けていないもの

対象者

 次のどちらかに該当する個人(ただし、暴力団関係者でない者に限る)

  • 空き家の所有者
  • 当該空き家の存する土地の所有者

  
  ※空き家1戸につき1人まで
   同一会計年度内において、1人につき1回まで

補助金額

 対象経費の3分の2(1,000円未満切り捨て)。上限額200,000円

要綱

申請書類

手続きフロー

解体業者

解体工事を行う業者は、次の資格を有する必要があります。

  • 建設業(土木、建築又は解体工事)の許可
  • 解体工事業の登録

業者の選定にお困りの方は、下記を参考にしてください。

Q&A

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境保全課

電話:0568-85-6572
環境部 環境保全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。