吹付けアスベスト対策事業

ページID 1008907 更新日 平成31年4月23日

印刷大きな文字で印刷

内容及び注意事項

1 分析調査
 補助の対象は、建築物にアスベストが施工されているおそれのある吹付け建材(吹付けアスベスト、吹付けロックウール、吹付けバーミキュライト、吹付けひる石、吹付けパーライト等)のアスベスト含有の有無の調査です。
 補助金の額は、分析調査に要する費用の額以内(千円未満は切り捨て)で限度額25万円です。

2 アスベスト除去等工事
 補助の対象は、建築物に吹付けられたアスベスト等(吹付けアスベスト、アスベストが0.1%を超えて含有する吹付けロックウール)の除却、封じ込め、囲い込みの工事です。
 補助金の額は、除去工事に要する費用の3分の2を乗じて得た額以内(千円未満は切り捨て)で限度額180万円です。

3 注意事項

  1. 本事業はアスベスト除去等に関する他の補助を受けていないものが対象です。
  2. 補助申請は、建築基準法施行令第1条第1号の敷地単位(用途上不可分の関係にある複数の建物は1の申請)とします。
  3. 同一敷地内での補助申請は、分析調査・除去等工事それぞれ1回のみとします。
  4. 既に分析調査や除去等工事を行ったものは、補助を受けることはできません。また、補助金交付決定通知を受ける前に分析調査や除去等工事に着手することはできません。
  5. 分析調査は分析機関2社以上、除去等工事は施工業者3社以上の見積書が必要です。
  6. 補助対象となる分析調査、除去等工事には、「建築物石綿含有建材調査者」の関与が必要です。

飛散する吹き付けアスベストの例

 劣化すると飛散しやすくなります。

毛羽立ち

たれ下がり

繊維のくずれ

局部的損傷・欠損

(引用:「既存建築物の吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術指針・同解説」、一般財団法人日本建築センター)

工事の際は届出が必要

 アスベスト除去等工事を行う場合は、工事の事前事後に飛散防止措置等の対応や各関係法令に基づく届出等が必要になります。詳細は、各担当部署にお問い合わせください。

アスベスト除去作業計画等の届出(労働安全衛生法・石綿障害予防規則)

名古屋北労働基準監督署安全衛生課
電話 052-961-8654

アスベスト作業実施届(大気汚染防止法)

尾張県民事務所環境保全課
電話 052-961-7255

廃アスベストの処理(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)

愛知県環境局資源循環推進課
電話 052-954-6235

解体等の届出(建設リサイクル法)

春日井市まちづくり推進部建築指導課
電話 0568-85-6324

手続方法等

 補助を受けるには、補助対象範囲等を確認するために事前相談が必要です。
 相談の際は、平面図、現況写真を添付し事前相談書を提出してください。アスベスト分析調査結果報告書がある方は、併せて添付してください。 

パンフレット及び申請書ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 建築指導課

電話:0568-85-6328
まちづくり推進部 建築指導課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。